ナース

乳癌は早期発見が大切|初期治療で完治を目指す

知られていない事

2人のナース

運動療法が人気の理由

心筋梗塞というのは1度発病すると、その後の生活に影響を与えてしまう病気です。そのため発病した人は慎重になりすぎる傾向があるのですが、そんな人達に運動療法の人気が高まりつつあるのです。これは医師の指導の下、体に負担にならないような適度な運動を行うというものです。心筋梗塞を起こした人にとって運動というのは躊躇してしまうものではありますが、この運動療法を行うことで社会復帰が早まると注目が集まっているのです。実際にアメリカなどではジョギングを勧めていることもあり、その効果は実証済みです。また、日本でも運動療法によって80%近くの人が、発症前と変わらない生活を送れるようになったとの報告もあるため、進んで取り入れる人が多くなっています。

発作を起こした時の注意点

心筋梗塞の発作起こした場合には、とにかく安静にすることが非常に大切となります。シャツのボタンやベルトは外し、上半身を何かに寄りかかせるようにするのがベストとなっているのです。しかし発作によって吐いてしまうこともあるため、トイレに行ったり水を飲もうとしてしまう人がいます。ですがこれは危険ですので、絶対にやってはいけません。動かず安静にした状態のまま、すぐに医師にかかるようにします。また心筋梗塞の痛みは強いために、頭を振ったり仰け反ってしまうこともありますが、これもやってはいけないことの1つとなっているのです。発作が治まり急性期を過ぎれば、大体1週間程度でリハビリが行えるほどに回復するのが一般的です。

Copyright© 2016 乳癌は早期発見が大切|初期治療で完治を目指す All Rights Reserved.