ナース

乳癌は早期発見が大切|初期治療で完治を目指す

高血圧改善の重要性と方法

病院

発症に至るまでの経緯

脳梗塞は、脳の細胞や組織が壊死してしまう病気です。壊死してしまう原因は、脳の組織や細胞に血液が届かないからです。従って、脳梗塞の原因は、脳の組織や細胞に通じる血管の閉塞ということになります。ただ、血管の閉塞に至るまでには段階を踏むことになります。ですから、いくつか脳梗塞の原因はあると言えます。血管閉塞の原因となるのが、動脈硬化です。動脈硬化は血管を狭くしますし、また、血管を詰まらせる血栓(血の固まり)を発生しやすい状況にします。動脈硬化とは、簡単に言えば血管の劣化です。血管は経年劣化しますので、動脈硬化は加齢に伴い進行します。従って、加齢も脳梗塞の原因です。ただ、当然、この原因に対処することは不可能です。しかし、対処可能な原因もあります。それが、高血圧です。高血圧だと血管に負担をかけることになりますから、動脈硬化の進行を速めてしまいます。従って、高血圧を改善することで脳梗塞の発症リスクを低く抑えることができるのです。

高血圧改善に必要なこと

高血圧は、生活習慣と深く関係しています。塩分の摂り過ぎ、アルコールの多量摂取、喫煙、運動不足、ストレス等が高血圧を引き起こします。ですから、これらを改善する必要があります。ただ、これらの改善は困難な場合があります。そこで注目されているのが、DHA、EPAの摂取です。高血圧な人は、血液がドロドロな状態である傾向にあります。ドロドロな血液は流れにくいので強い力で押し出されますから、血圧が高くなってしまうのです。DHAとEPAは、血液をサラサラにする働きをします。従って、高血圧を改善することができるのです。DHAとEPAは青魚に多く含まれていますので、食事から摂取することができます。ただ、より簡単に摂取できる、便利なサプリメントでの摂取が人気です。また、定期的に病院へ足を運んで診断を受けることも大切です。

Copyright© 2016 乳癌は早期発見が大切|初期治療で完治を目指す All Rights Reserved.